内科を受診する際は | 症状に合わせて選ぶ、内科の種類と気になる症状

症状に合わせて選ぶ、内科の種類と気になる症状

医療福祉ガイド

内科を受診する際は

看護婦

保険証

病院で内科を受診する際には、準備していく事が大切です。
まず大事なのが保険証です。
日本は医療保険が公的に保障されている国家で、ほとんどの人は保険証を持っています。
サラリーマン家庭の場合と自営業や、無職の人の場合で保険証の発行元や種類が異なりますが、仕組みは動揺です。
保険証を出す事でその年齢や事情に応じて自己負担分が異なる価格分だけ支払いをすれば良いのです。
また、障害のある人や、生活補助を受けている場合には、全額免除や一部免除される場合があり、それぞれに必要なものが異なります。
中には特定疾患といって、ある一定の金額まで支払えば、あとの診察台や薬代、処置代を支払う必要の無い病気があります。

診察券や紹介状

また、その病院に通った事のある場合は診療カードを利用する場合があります。
診療カードは、患者情報とリンクしているので、久しぶりに病院に来た場合でも、今までの病歴や使っていた薬の種類などが分かるのが便利です。
健康診断や人間ドックの結果、内科系の疾患の可能性があるという事で内科系の病院での診察が必要になる場合があります。
そのような場合は、健康診断や人間ドックから病院への紹介状を貰います。
紹介状にはどのような疾患の可能性があるかが記載されているので、病院に渡す事で適切な治療を受ける事が可能となります。

その他

特に内科系の疾患があるという事で紹介状を人間ドックなどから貰って紹介されて病院に行く際に注意が必要なのが、薬や食べ物の事です。
内科系の疾患になると、胃カメラや腹部エコーの検査が必要な場合があります。
そのような時は朝から絶食をする必要もあるので、事前に確認しておく必要があります。

↑ PAGE TOP