症状に合わせて選ぶ、内科の種類と気になる症状

医療福祉ガイド

身体のサイン

食事

最近不調だ、疲れているという感覚は誰もが一度は感じた事のあるものだと言えます。
毎日絶好調な人はあまりいません。
食生活や仕事の量と内容、またストレスでも体調は大きく異なります。
しかし、一時の不調や疲れ、また身体の症状が出るのではなく、それが継続的に続くのは、もしかすると病気の可能性もあります。
現代人は仕事や、プライベートでも妻や夫といった家族の役割、友人や仲のよい仲間の間での役割があり、ついつい無理しがちな所があります。
ちょっと違和感があるけど、遊びに行かなければならない、仕事をしなければならない、と自分にムチ打ち頑張ってしまうのです。
しかし、このように身体に無理をさせる事はあまり良い事ではありません。
いつか入院や手術といった治療が必要な病気になりかけているという可能性もあるのです。
自分の身体からの病気のサインを正しく受け取る事が必要です。

身体のサインに気づく方法、それは常に意識する事です。
日記などを付けて、毎日の自分の変化を客観的に知る事が一番よい方法だと言えます。
身体の不調は何気なく感じるもので、特に生活に支障のない時点ではなかなか意識するのが難しいものです。
しかし、実は毎日何がしかの変化があるものです。
もし、日記や記録を付ける事が無理なら、周りの人からの注意や問いかけに耳を傾けるのも良いです。
最近顔色が悪い、食欲が無いのか、といった問いかけから自分でも気付かない変化を読み取る事が出来ます。
症状が続くようなら、内科などを受診して、その症状の原因を確かめ、改善策を取るのが良いと言えます。

内科とは

内科とは、外科などとは違い、身体にメスを入れずに身体の中で起こっている事を診る診療科です。大きな病院であれば、必ず内科はあるもので、利用する人の多い診療科だと言えます。

詳細を読む

症状に合わせて選ぶ

痛みや不快感、身体の不調を感じた時には病院で医師に診てもらうのが一番です。内科と一口に言っても、様々な分野に分かれている病院もあるので、適切な診療科で診てもらう必要があります。

詳細を読む

定期的なケア

職場で定期健診や人間ドックを受ける事が出来る場合もあります。毎年自分の身体のチェックを行なう事で未然に大病に掛かる事を防ぐ手立てになるのです。定期的な内科検診は成人に必要なものです。

詳細を読む

どんな病院を選ぶか

内科のある病院には様々な規模の医療機関があります。大学附属の大学病院や、様々な診療科のある総合病院、また一般の診療所やクリニックなど、大きい病院が良いのではなく、それぞれの特徴に合わせて選ぶ必要があります。

詳細を読む

内科を受診する際は

身体の不調や違和感があり、内科を受診する際には、診療カードや保険証、場合によっては紹介状が必要となります。また科目によっては朝食を抜いて来院する必要のある病院もあります。

詳細を読む

↑ PAGE TOP